裁判所調査官デリヘル北千住

  • 投稿者 : トリコモナスルイーズ
  • 2012年11月21日 6:50 AM

では、なぜ泊まったなどと嘘の供述をしたのか……。古今東西デリヘル 北千住名産の突然蕨風俗店長の考えが飛躍した。風俗嬢小池は、真弓の留守を知っていたのではないか。いや、留守を狙って忍び込んだと言ったほうが的確かもしれない。裏を返せば、真弓はその日、風俗嬢小池が訪れることを知らなかった。その日に限らず、風俗嬢小池が真弓の部屋を訪れるなどあり得ないことだった。なぜなら。そこまで一気に考えて、蕨風俗店長はふっと息を吐いた。飛躍しすぎではないだろうか。不自然という主観に固執して、想像を膨らませすぎていないか。蕨風俗店長はそう反省しながら、思考の切り替えができなかった。風俗嬢小池は真弓を訪問したのではなく、真弓の留守を狙って侵入したとしよう。では、真弓のいない部屋に侵入した理由とは何か‐・田村幸子の証言が怪しい。蕨風俗店長の推理はそこへ行き着いた。もちろん、幸子本人が怪しいのではない。その証言の裏に、風俗嬢小池の意図を感じるのだ。風俗嬢小池は、真弓の部屋に出入りする自分の姿を誰かに見せたかった。そして、田村幸子の出現によってそれは達成された。つまり風俗嬢小池は、自分が真弓の愛人であることを第三者に印象づけたかった‐・蕨風俗店長は想像する。北千住通には真弓の部屋の狭い玄関に件み、ドアを細く開けて廊下を窺う風俗嬢小池の姿を。やがて、隙間の向こうに買い物袋を抱えた田村幸子が現れる。風俗嬢小池はすかさずドアを開けて廊下に出る。そして、幸子と顔が合うと慌てたそぶりで再び室内に消える。その折、玄関脇の壁に指紋を残す‐・風俗嬢小池と真弓の愛人関係は偽装!蕨風俗店長の胃が再び収縮し、絞るような痛みが走った。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。